通販サイトで金庫でも金庫が買える!選び方を知っておこう

通販サイトで金庫でも金庫が買える!選び方を知っておこう

金庫

保管する物で選ぶ

金庫を購入するときは、中に保管する物の種類で選んでみましょう。万が一火事などの災害に遭遇したとき、保管する物に合わせた金庫を選んでおくと中身を守ることができます。例えば、現金や重要書類・小切手などを保管するなら耐火金庫の性能区分が約177度ぐらいは必要と言われています。・写真用フィルムなどは(約105度)・宝石などは(約180度)近く必要になるでしょう。こういった規準は、金庫を購入する前にインターネットで調べることができるため、一度購入前に確認してみてください。通販サイトで購入する場合は、買おうと思っている金庫の耐火温度などを確認してみましょう。

重さで選ぶ

確実に盗難を防ぎたい!という場合は、金庫の重さで選ぶのも良い方法です。小型金庫のように重くても約20キロ程度のタイプは成人男性なら簡単に運ぶことができます。しかし、金庫の重さが100キロ近いタイプなら成人男性でも簡単に持ち出すことができないため、防犯対策の一つになると言われているのです。しかし、重量のある金庫を購入してしまうと、その重さに耐えるための床補強も必要になるため、補強することが難しい人は金庫を床などに固定するのも一つの方法です。100キロ近い重量の金庫を購入するのは難しいが、簡単に外に持ち出されないようにしたい!という場合は、重さのある鉄板を金具か溶接でくっつけてみましょう。ドアの幅よりも大きい鉄板とくっつけておくだけで、部屋の外に持ち出しにくくなると言われています。

強度のあるタイプを選ぶ

盗みに入る泥棒の多くが、まずは金庫事態を運びだすことができないか?という部分を見ながら盗む方法を考えます。そのため、上記で述べたように防犯レベルを上げるなら金庫を簡単に持ち出すことができないぐらいの重さを選んだ方が良いでしょう。しかし、こういった方法以外にも、金庫を選ぶなら破壊しにくいタイプを選んでみてください。バールや電動のこぎりなどを使って金庫を破壊し、中身を盗む泥棒は多いため破壊しにくいタイプを選ぶでけでも防犯レベルを上げることができます。最近は、指紋認証や顔認証をしなければ金庫を開けることができないタイプや強度のあるタイプなどもあるため、通販サイトで購入するときは、金庫のロック方法も確認しておきましょう。

広告募集中